北町デザイン総研 blog

北町デザイン総研

桜を撮る @ 靖国神社 Part1

今朝は東京、天気良かった。ほんっと、この晴天が一週間前だったらどんなにゴージャスな桜が撮れたことか・・・

すでに桜が散り始めているのは100も承知ですが、どうしても桜を撮り切った感が無いため&私自身も乳母桜ということで散りゆく桜へのオマージュの意味もあり(ってこの意味がよくわかんないっすけど)今日は靖国神社と千鳥ケ淵にカメラ抱えて行ってきました。

実は靖国神社が桜の名所とは知らず、私の中で靖国神社っていうと「エライ人がお参りに行こうとすると近隣諸国が文句垂れてくる」、というちょっとメンドくさい感じ?という印象だったのですが、実際に行ってみると巨大な鳥居にまず圧倒されますね。

0409_2
私、政治・経済まったく疎いので迂闊な事は言えないのですが、右翼だか左翼だかよくわかりませんが、何かこう日本の違う面を見たような見ないような。。。
ただ、いつになく厳かな気持ちになりました。と言いながらドーナツとビックマックを飲食しましたが。

0409_1

すでに桜は散り始めて桜のじゅうたん状態です、これはこれでキレイでした。0409_3

肝心の桜はこんな感じでしょうかね。これは色の濃い桜(名前知らなくてすいません)で、葉は出てますが、色鮮やかできれいです、白っぽい桜の方は散ってますね~
0409_4

これが桜の標本木だそうで。いわゆる、気象庁が開花予想の時に使うやつですね。まぁ、何てことはないフツーの桜の木ですね、とはいえ毎シーズン初頭にはこの木に桜予想の命運がかかってるわけでプレッシャーだね、身体に気を付けて、と思わずねぎらってみました。
0409_5

桜は千鳥ケ淵側の方はまだキレイでした、こんな感じ。葉っぱは出ちゃってますが。
0409_6

次は来年か~。。。桜の季節は短すぎるぅ~。

って、私ここでいくつかミッションを発見、その一つが
散りゆく桜を美しく撮りたい!

上手く言えないんですが、こう何ていうか「ハラホロヒレハレ~」みたいな感じで舞っていく桜の花びらをレンズに収めたい!という野望を持ちました。

これについてはまた後日書きたいと思います。

それにしても、青空に伸びた桜は美しいだけでなく、平和や生命力を感じさせてくれますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です