北町デザイン総研 blog

北町デザイン総研

RAW と JPEG

デジイチで写真を撮ってる人はRAWとJPEGどっちで撮ってる方が多いんでしょうか。

もちろん、RAW+JPEGってのもあって私はコレです。

単なるイメージですが、初心者はJPEGで、ある程度写真に詳しい人はRAWなのかとも思いますが、私のようにカメラは初心者だけどPhotoshopはある程度使えるのでRAWとJPEG両方で撮っておいて、若干残念な出来ではあるものの写真としては面白いので使いたい、という写真をPhotoshop のCamera Rawで開いて修正する、という一派もアリかなと思います。

それを言っちゃうとJPEGで撮ってる方が修正要らずで使えるものが撮れる!という自信がある人達なのか、まぁ、わかんないですけど。

気になるのはカメラ内で生成してくれるJPEGってのはどこまでアテになるのか、精度が高いのか、なのです。

で、さっき近所のCoco’sで何気なく撮った写真を通常のJPEG(画質は一番良いFineです)で撮って何も修正してないのがコレです。夕方だったのとテーブルその他が黄色っぽかったせいか全体的黄色です。

jpeg01

これをPhotoshopのCamera Rawで自動補正し、黄色味を抑えるため色温度を少し下げました。

それがこちら↓の写真です、絶対、こっちの方が本来の色というか人間の目に映ってる色だと思うのです。

raw01

 

上記の例だと被写体があまりにもつまらないので、今日、新宿の花園神社で撮ったやつも一枚。まんまJPEGです、光足りてないっす、もっと露出に気を配れってやつですが。。。

jpeg02

 

で、これも上のcoco’sの写真と同じようにCamera Rawで自動補正してみました、それがこちら↓

raw02

 

これは自動補正のみで他は全然修正してません。こうやってみるとやっぱRAWで撮って、Camera Rawで修正の方が、絶対良いと思います。
まぁ、わかりやすくするためにちょっと状態の悪い写真使ってますけどね(^-^;)(往生際悪いっすね、私)。

JPEGだけで撮ってる方は、「良い写真だけど、ちょっとだけ暗い」というような場合どうするんでしょうかね。それとも修正できない分、一本勝負的な集中力が身につくのでしょうかね。
ってことは本当に写真の腕を磨きたい!と思ったらJPEGで撮った方が良いのかな~・・・・

photoshop

しかし、考えてみたら、私の場合、写真始めた動機がPhotoshopをもっと使いこなしたい!Fireworksが終息してしまう前にPhotoshopをモノにしておきたい!なので、別にこれはこれでいっか・・・
写真撮るのも面白いけど、Photoshopでいじってるのも面白いですしね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です